YouTubeチャンネル登録はこちら

『ミニマリスト会社員 失敗しないミニマムな服の選び方3選』

ARCOさんの記事

失敗しない服の選び方

ミニマリスト歴3年のサラリーマン男子、アルコ(@arcorosam)です。フリーランスでミニマリストをされている方の情報発信は沢山ありますが、私のようにサラリーマンで会社ではきっちりした服装がメインのミニマリストの方が少ないためそんなサラリーマン男子の参考になればと思い記事を書きました。ちなみに私はアラフォーです。

①仕事着と私服を兼用できるものを選ぶ

ミニマリストを目指すうえで兼用や代用ができるものは使い回すという発想が物を減らすために基本になる考え方になります。私はサラリーマンで週5〜6日はビジネススタイルをしてますので、休みの日も仕事着を兼用しようと思い、ビジカジスタイルで過ごしています。MBさんの書籍ほぼユニクロで男のオシャレはうまくいく スタメン25着で着まわす毎日コーディネート塾を参考に服を選ぶようにしました。本のタイトルのとおりユニクロの服でおしゃれは完結するという内容になっております。普段のビジネススタイルは、ユニクロのセットアップ(感動ジャケパン&感動パンツ)Neyve 69とスーパーノンアイロンシャツ(レギュラーカラー・長袖・ホワイト)、ユニクロの紺のネクタイを着用しています。休日は、ユニクロのセットアップにクルーネックT(半袖)、夏は感動ジャケットなしで、感動パンツとクルーネックT(半袖)を着用しています。これがベースになるコーディネートです。

②色はシンプルな色

私は私服を選ぶ時は黒・紺・白の三色どれかで選んでいます。理由は、コーディネートが簡単でしかもコーディネートに失敗しづらいということ、あとはシンプルな色がお気に入りなのでこの3色を選ぶようにしています。まず服の色が沢山あるとコーディネートが面倒になります。また派手な赤・青・黄など色を選ぶとその色が意思表示をはじめるため私にはあっていません。ミニマリストを目指していると服の選択肢がなくオシャレができないのではという意見もあるかもしれませんが、少ない服や色でもオシャレは出来ると思っています。オシャレも大切ですが、大前提として清潔感のある格好が大切です。黒と白、紺と白などは清潔感のある色の組み合わせになるため自然と選んでしまう色です。

③自分の体にあったサイズを選ぶ

服選びやオシャレな服装を手引きする書籍に必ず出てくることが、シルエットです。服はデザインよりシルエットが大切ということ。例えば、太った人が細身の服を着ていたらパツパツで無理しているなぁ〜ということになりますし、細身で小柄の方が大きな服を着ていたらダボダボで服に着られているなぁ〜ということになります。オシャレでオーバーサイズなどを選ぶ場合もありますが、大前提として自分の体にしっかりあったサイズが大切になります。そこでしっかり自身の服のサイズをしっかりと選び、自分の体型にあった一番キレイなシルエットになる服のサイズを選ぶことが大切です。やり方としは、色々ありますが、紳士服などのお店で測ってもらったりするのもいいですし、ユニクロのアプリには自分のサイズをメモしておける機能があり活用するのもいいかと。私の場合はFABRIC TOKYOというオーダーメイドのスーツが出来るところでサイズを測ってもらい、会員ページに詳細を記載してくれるのでそれを参考にしています。ユニクロのアプリにもそのデータを反映させて服を買う時はサイズ感を確認してから購入するようにしています。詳しくはまた別の記事で紹介したいと思います。

結論

服を選ぶ3選をご紹介しましたが、本質的なことは仕事着も私服も制服化できるように選ぶということだと思います。ベースのコーディネートがあり、色の統一感があるからどの服をあわせても失敗することがありません。服装はおしゃれなデザインの服をきることより自分のサイズにあった服装がおしゃれで清潔感のある格好ができます。今回ご紹介した服のシルエットは、Yライン・Iラインのどちらかになるようにコーディネートされていますので、体型がある極度にぽっちゃりしている方以外にはあうコーディネートとなっております。

3選のメリット

服の制服化

  • 選択の疲労感・ストレスの軽減
  • 毎日の服を選ばない
  • お気に入りのものでテンションも高い
  • 購入の際も同じものを買えて、時間の節約

いかがでしょうか?サラリーマンミニマリストさんの参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました