YouTubeチャンネル登録はこちら

2021年 年間コーディ(ビジネスマン)

ARCOさんの記事

サラリーマンミニマリストの年間コーディ

私はビジネスマンでミニマリストを目指しているアルコです。メンズミニマリストさんでは、フリーランスの方が多くカジュアルなコーディの紹介は沢山ありますが、ビジネスマンでミニマリストをされている方の服のコーディがあまりなかったので今回はそんな方の参考になればと思い、私の年間コーディを紹介をさせていただきます。

ビジネスミニマリストはビジカジスタイルがベース

ビジネスマンでミニマリストを目指して服を減らしていくと、私服は何を着るか?何着必要か?の問題に辿り着きます。一週間のほとんどは仕事をしているため、会社へいく服を固定化(制服化)していくことは簡単だとおもいます。ミニマリストは「同じ用途のものは使い回す」というメゾットでは、ビジカジスタイルが相性がいいです。
仕事着を私服としても使い回しするけど、まるまるスーツではなくカジュアルの要素をいれます。MBさんがおっしゃる、おしゃれに見える大原則「ドレスとカジュアル=7:3」とビジカジスタイルのバランスは同じです。色々と服を研究して普段の私服は

  • ジャケット
  • スラックス
  • Tシャツ

このジャケパンスタイルを私服のベースにすることにしております。ジャケットとスラックスがドレス、Tシャツがカジュアルの7:3です。あとは靴を何を選択するかで、キレイめにするか、カジュアル要素を出すかです。靴は黒ローファーを合わせるとキレイめになり、黒スニーカーではカジュアル感をだすことができます。

ユニクロ感動ジャケットと感動パンツのセットアップ

私は身長168センチ体重57キロで、オンライン限定の感動ジャケットXS(セミオーダー|サイズ66 レングス57)と感動パンツウルトラライト・ウールライク (セミオーダー|サイズ73 丈73cm まつり仕上げ69cm)を使っています。スーツはシルエットが大切なので、しっかりと自分の丈を測ったメモがありそれを基準にセミオーダーしていく感じです。

  • スラックスは立った姿勢で靴にあたるか当たらなかのノンクッション
  • ジャケットはジャストサイズを選ぶ(着丈は重要)
  • 色は紺色で統一

感動ジャケットとパンツの良いところはウォッシャブルで洗濯ができます。通常のスーツですと、クリーニングをしないといけない素材をしようしていて服の維持費がかさばります。そんなことは気にしないで洗濯ということもできますがやはり服は長持ちしません。実際に過去に普通のスーツを自宅で洗濯をして着ていたこともありますがやり方が悪いのか私の場合はあまり長持ちしませんでした。それに比べて感動ジャケットとパンツは手軽に洗濯洗いができるので、ジャケットは一週間に1回、パンツは毎日洗濯をしています。シワにもなりづらいです。金額的にもスーツに比べると比較的リーズナブルな金額で購入できますので、もしだめになっても買いなおうそうという気持ちにもなれます。

ユニクロ スーパーノンアイロンシャツ

仕事のときは、スーツスタイルでスーパーノンアイロンシャツの白を4枚もっておりそれを毎日ローテーションで使いまわしています。これもオンラインでセミオーダーができるのでサイズをジャストサイズで購入しています。

ユニクロU クールネックTシャツ

私服の時は、感動ジャケットとパンツのセットアップの中に白Tシャツを着ます。ポイントとしては、ジャケットを着たときにTシャツがジャケットよりでてしまうたり、短すぎると野暮ったくなるので、ジェケットより2〜3cm短いものがキレイに見えるため、私はSサイズを着用しています。

マウンテンジャケット

春・秋で少し肌寒くなってきたかなぁ〜というときは、Tシャツの上にマウンテンジャケットを羽織るようにしております。マウンテンジャケットは撥水加工をしているものが多いため、梅雨などの雨の時期には雨具としても着ているので一年通して着用できます。スーツの上に着てもそんなにおかしくはないので、仕事でも着ることができます。私はパタゴニアのものを愛用しています。

ウルトラライトダウンコンパクトジャケット

ユニクロのウルトラライトダウンコンパクトジャケットも便利です。マウンテンジャケットとTシャツだけ寒いときは、インナーとして着用します。また、部屋着でもTシャツの上に羽織ることができます。またこのライトダウンはV字にもなるため、感動ジャケットの中のベストにもなります。ただ、ファッション的やビジネス的には微妙なところもあると思いますが、寒がりな私は職場内だけの仕事の時は着たりしますが、TPOで使い分けています。

服は重ね着が鉄則

冬になると衣替えをするのが通常だとは思いますが、私の場合は夏服にプラスして重ね着をして暖をとるようなスタイルで生活をしています。私服の時は、感動パンツの中に、モンベルのスーパーメリノウールのショート丈のSサイズで中厚手のインナータイツを使っています。他社のインナーに比べ軽くて薄くかつ温かいので愛用しています。寒がりの私は冬には少し物足りない為、次回購入するときは厚手を購入しようと思っています。デメリットとしては少し金額がお高い点のみ。インナーシャツは以前は重ね着をしていましたが、今は捨てて使っていません。上半身は、Tシャツにウルトラライトダウンそして寒ければその上にマウンテンジャケットを着ています。ビジネスのときもYシャツ+ウルトラライトダウン(Vネック)+感動ジャケットそして寒かればマウンテンジャケットを羽織れば暖はとれます。

定番を買う

服を買う時には、必ず同じものが買える定番商品を購入するようにしています。ユニクロは定番商品が豊富。そしてオンラインで購入することができます。多少のモデル変更はありますが、古くなったものから交換をしていくことができるのでユニクロを良く購入します。他にも無印良品も毎年の定番商品が豊富なためよく利用します。

まとめ

いかがだったでしょうか?私は年間通して、ジャケパンスタイルで生活をしています。服のコーディネートもある程度のベースがありそれをアレンジしているので、服の数も少なめにすることができてます。あと、私服やファッションを楽しむ時には失敗しない定番コーディのジャケパンスタイルをアレンジしてTシャツをセーターに変えてみたりなどをしています。今日はこのあたりでお話を終わらせて頂きますが、みなさんの参考になれば嬉しいです。

参考書

今回ご紹介したミニマリスト思考の服選びでは、MBさんの書籍ほぼユニクロで男のオシャレはうまくいく スタメン25着で着まわす毎日コーディネート塾が参考になると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました