YouTubeチャンネル登録はこちら

ミニマルライフ 我が家でやらなくなったこと3選

Minimalist
整理整頓で減らした物の一部

はじまり

2019年8月位に突然旦那さんがミニマリストに興味を持ち出し、毎日毎日ミニマリストの方たちの動画を見始め、自分の身の回りや物を整理し始めました。私は何が起こったのかとびっくりしましたが、物が減る事で家の中がきれいになると共に、めんどくさがりで家の事を何もしなかった旦那さんがお掃除を始めだしたのです。そして、毎日毎日ミニマリストついて話をしてくれる旦那さんに影響され私もミニマリストを目指すようになりました。今では、物が一つ減るとその物に感謝と喜びを感じるようになりました。
あれから、現在まで約2年半。こんなに家には物があったのかと思う位、スッキリしました。そこで、今日はタイトルにあるようにミニマリズム生活を始めてやらなくなったこと○選を紹介します。

やらなくなったこと ①大掃除

私は、毎年12月には当たり前のように大掃除をしていました。それは子供の頃からの習慣で、わざわざ仕事の休みをとって『この日は大掃除の日』と決めてするくらいの恒例行事でした。しかし、ミニマル生活をするようになり2年半経った今年、大掃除をする所が無い事に気づいたのです。どうしてだろう?と考えていた時に、私のお友達でミニマリストという言葉が浸透する前から、自然とミニマリスト生活をしている子がいるのですが、その子も以前「大掃除なんてしないよ」と言っていた事がありました。その時はなんでそんな事が出来るんだと思っていたのですが、今年、私も同じ現象が起き、始めて理由がわかったのです。

理由
物が減ったことにより、家の中の汚れがよく目につくようになりました。そして、見つけたら最後のような勢いでそこを掃除しないと気がすまない自分に変わっていることに気づきました。さらに、物が少ないので掃除も簡単にすみ、短時間で終わってしまうのです。
と言っても大掃除の定番の窓や換気扇、お風呂掃除などはどうしてるんだろうと思う方もいるかもしれませんが、そこも気になった時に、掃除をしています。年末に全部一度にやるのではなく、汚れているなぁと思った時に窓でしたらその一面だけふくなど、家の中全体をチョコチョコ掃除しているので汚れもすぐ落ち掃除時間が短縮されています。なので、年末だからって特に汚れているという所もなく、大掃除はしなくてよいという状況になったのです。

やらなくなったこと ②衣替え

上段1年分の洋服屋バックなど

ミニマリストを目指す方がまず手を出すところは、洋服の整理かと思います。
私の家は2DKのアパートでクローゼットが無く、その代わりに一般的な大きさの押し入れが2つあり、その一部を洋服入れに使っています。以前はその押し入れのほぼ1つを洋服の為に使い、一つの押し入れではうまく入らないので、いろんな所に分散しておいていました。そして、6・10月には押し入れの下の段に入れた大きなダンボールを出してきてはセッセッと衣替えをしていました。大体の種類ごとにまとめて圧縮袋に入れてあるのですが、袋から出した時はカビ臭さとシワシワの状態ですぐに着る事も出来ず、一度洗うかクリーニングに出さないと使えない状態です。そして、季節はずれになった洋服は綺麗に洗いアイロンをかけシワがつかないようにきちんとたたんで圧縮袋の中へ。
次に出てくるときにはまたカビ臭さとシワシワの状態になる事がわかっているのに。
今思うと当たり前のようにしていた事ですが、とてもめんどくさい作業だったと思います。
そこで、始めに書いたように、我が家で洋服の整理に力を入れ、今では以前の半分の押し入れ上半分に2人分収まる量まで減らす事が出来、そこにそれぞれの1年分の洋服を収納しています。

と言いましても、私はまだまだ服の量が多く、ハンガーにかける洋服と三段ボックスを1つ入れ、押入れ上段の2/3を使っています。私よりもミニマリストを極める事に夢中な旦那さんは押し入れ1/3に下着・靴下・ハンカチを無印の幅約10cm奥行き32cm高さ12cmの箱2つにそれぞれ分けて入れ、それ以外の洋服は全てハンガーにかけて収納しています。
なので、一年分の洋服が常に出ている状態なので衣替えの必要もなく、常に空気が循環している状態なのでカビなどが生えにくい環境なので、着たい時にすぐに使える状態になっています。

やらなくなったこと ③衝動買い

衝動買いの結果
私はミニマリズムを知るまでは衝動買いの代表選手のような人でした。雑貨と洋服や小物が好きでいつも何か可愛い雑貨がないか探して、いいなぁと思ったら「これは一期一会だから」と必ず買っていました。そんな習慣は旅行に行った時に更に発揮され、何か思い出に残るものを絶対買わない行けないと使命感のように探し、少し高くてもなかなか来れない所だからと自分に小物や置物のお土産を買っていました。洋服や小物もSALEの時期には必ずお店にいき、安いからという理由で何着も買って見るのはいいのですが、結局1・2回着ただけで終わりという事もありました。さらに通販も大好きで、モデルの方が着ている服をみて『かわいい』と思ったものは端から買っていました。しかしそれは、そのモデルさんには似合っても私とは顔もスタイルも違う方、私には似合わなかったり、サイズが合わなかったり、結局着ないでおしまいという事がよくありました。さらにひどいのは、とても気に入った洋服が売っていて、サイズがSしか残っていなく、やっと入ってもパンパンでどう見ても変なのに、『痩せたら着られる』とどこから来る自信なのかわかりませんが、その洋服を買っている自分がいました。そんな雑貨と洋服の結末は買ったことも忘れられ、ずっとタンスの肥やしになり、気がついたときカビが生えて結局捨てるというルーティンになっていました。

現在

お気に入りボックス

そんな衝動買いばかりしていた私ですが、今は一つ一つ時間をかけて買うように心がけています。洋服は必ず試着をしてその時には買わずメーカー・洋服の種類をメモして家に帰ります。そして、何日か経っても心に残っていたらもう一度お店に行ってまた試着をし『欲しい!』と思ったら買うようにしています。少しでも『んっ?』と思う所があったら絶対に買いません。
雑貨も埃を被りカビが生えてしまうくらいならばとお気に入りの物を厳選して残し、あとはメルカリに出品したり、リサイクルショップに持って行き数を減らしました。旅行の時も自分へのお土産は買わなくなりました。
その代わりにその土地の素晴らしさをめいっぱい感じる事にしました。綺麗な景色を見て、美味しい食べ物をたべて思い出を沢山作るようにしています。

新しい趣味

水溜りキラキラ写真

さらに、新しい趣味でカメラを買い写真を始めました。写真はデータにしパソコンの中にしまっておく事が出来るので場所を取りません。そして、時間が経っても写真を見返すとその時の風景や出来事などが思い出され、とても楽しい気分になれます。

次回

今回はミニマリストにむけて『やらなくなったこと3選』を紹介させていただきました。
次回は、各場所(キッチン・お風呂場etc…)ごとに分けて、それぞれ減らした物・増やした物・減らした事・増やした事を紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました